So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

iPod touch 6th [お買い物]

超々々〃〃…お久しぶりです。前の記事の日付が2018年10月27日になってるので、約5か月半ぶりということになります。ちょっとサボり過ぎましたね。

ということで、反省もなく行きます(爆)。今回はiPod touchについてです。

私がiPod touchを初めて買ったのは、2012年5月ごろで、もうかれこれ7年前の話です。買ったのは第4世代だったのですが、この頃は性能も十分で、使い込んでいるうちに「スマホなんかいらないぜ」なんて思うようになり、その考えは今でも変わっていません。もっとも、2年半前にiPad mini 4なんて買ってしまったので、余計にスマホなんていらないと思っているという事情もあります。

そんなiPod touchですが、6年を超えて使っていると電池がヘタってきて、満充電にしても数時間しか電池が持たなくなりました。そのうえ多くのアプリがサポート外、またはまともに動かなくなるし、メモリが256MBしかない第4世代では、最近の肥大化したウェブサイトがまともに見られなくなり、もう限界か、と思うようになっていました。

7年目を目前にしたiPod touch 第4世代の姿です。
CIMG5247.jpg
表はキレイですが、裏を返すと…
CIMG5248.jpg
CIMG5249.jpg
7年の年月を感じます。

というわけで、お値段もお手頃だということで、最新のiPod touchを買ってしまいました。最新の、とは書きましたが、第6世代のリリースは2015年7月なので、もう3年以上前になりますが。

開封前のiPod touchです。
CIMG5240.jpg
開封して並べてみました。
CIMG5253.jpg
CIMG5256.jpg
ディスプレイが3.5インチから4.0インチと大きくなっているので、その分縦に大きくなっていますが、今どきの大型化したスマホに比べたら小さいもので、型落ちとなったiPhone SEと同じ大きさです。簡単な操作なら片手でできるサイズ感は使い勝手がよく、Ro-Ganで見えにくいことさえ除けば(涙)、このくらいのサイズがスマホなどは適切なように思えます。

色はゴールドにしました。
CIMG5257.jpg
思ってたより渋めのゴールドで、目立ち過ぎずいい感じです。ストレージは128GBにしたので、おそらく私がスマホを買うか、次世代のiPod touchが出るまでは、容量不足で泣くことは無いと思います。

実際に使って見た感想ですが、これは便利です。何が便利かというと、私は会社などではiPod touchをiPad mini 4とBluetoothで共有化=テザリングで接続して使っているのですが、iPadの子機として使えるので、メールのチェックやちょっとしたネットでの調べ物が、わざわざiPadを出さなくてもできるようになりました。会社ではiPadを使っているとサボっているのがバレバレなのですが、iPod touchだとサボっている具合がかなり軽減されます(笑)。実はこれが一番のメリットかもしれません(爆)。

ただ、いくつか不満はあります。

・SoCが古く、最新の機能が使えない。
iPod touch 第6世代のSoC(CPU)はA8チップなので、ARを使った計測などの機能が使えません。でもまぁ、これは割り切れば大丈夫です。あと、高負荷がかかるゲームなどは動きませんが、私はそんなゲームはしないので、全く問題はありません。

・画面の明るさが周囲の明るさで調整されない。
これは大変不満です。iOS12が使える端末で唯一この機能が動作しません。寝る前に電気を消してiPodをそのまま起動すると、まぶしすぎて手動で照度を落とす必要があります。第4世代では機能していたので、これはぜひ改善してほしいポイントです。

まぁいろいろありますが、iPod touch 第6世代は、今でも十分現役で使えます。最新のiOS12も問題なく動作するので、セキュリティ的にも安心です。まぁ、今年の秋にiOS13が出て、それが使えるかどうかは不透明ですが、まぁそれはその時に考えたらいいかな、と思ってます。

長々と書いたので疲れました(汗)。ま、これからもボチボチ続けていくつもりです。久々に読んでくれた方、ありがとうございます。ではまたっ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シンバルとフットペダル、買ったった [お買い物]

毎度です。1日で2回目の投稿になりますが、今やらないと次いつになるのかわからないので(汗)、書いちゃいます。

ドラムはパールのリズムトラベラー(初代)を持っているのですが、シンバルは買っておらず、実戦で使う時にはいつもどこかで借りていました。そして、少し前に付属のフットペダルのネジをなめてしまって、どうしてもペダルを買わなければならなくなってしまったので、ついでにシンバルも買ってしまえということで、思い切って知り合いの楽器屋から購入しました。

こんな感じになりました。
Cymbal_7.jpg
すべてジルジャン製のA Customです。ノーマルのAシリーズから若干のエクストラで、ブリリアント仕上げのキラキラシンバルになるので、ド派手なこちらにしました(笑)。左からマスターサウンド・ハイハット13インチペア、クラッシュ14インチ、スプラッシュ10インチ、ピンライド20インチです。ドラムがコンパクトなので、シンバルがでかく見えます(笑)。

まずはハイハット。ハイハットと言えば14インチが定番なのですが、僕の好きなドラマーであるNeil Peart(Rush)や神保彰が13インチの使い手であることと、今まで色んなところで14インチを使ってきて音に重い印象があることと、リズムトラベラーに合う大きさということで、13インチにしました。
Cymbal_1.jpg
なかなかキレイ(笑)。そして僕はマスターサウンドを選択しました。マスターサウンドはボトムのエッジにウエーブ状の加工がなされたシリーズで、
Cymbal_2.jpg
音の抜けがいいのが特徴です。実際に叩いてみると確かに抜けが良く、キレは抜群です。キレッキレです(笑)。フットも鋭角な音でシャープな音がします。13インチなのでピッチも高く、軽快な音なのに音量も十分なので、これは演奏していて楽しそうです。

続いてクラッシュ。メーカーサイトや動画サイトなどで散々悩んだのですが、14インチの普通のクラッシュにしました。
Cymbal_3.jpg
実際に叩いてみると、14インチと小さ目なのに音はダークで、ウエイトの重さが若干効いているようです。音の感じはクラッシュとエフェクト系の中間ややクラッシュ寄り、みたいな感じで、ちょっとイメージとは違いましたが、狭い家の部屋の中での印象なので、広い場所では印象が変わりそうです。実戦で確認したいと思います。

スプラッシュは10インチにしました。
Cymbal_4.jpg
8インチのいかにも「スプラッシュ」な音にしようかと悩んだのですが、小さ目なクラッシュの音を出したいとの思惑から、汎用性をやや重視して10インチにしました。イメージ通りの音で、エフェクトにもクラッシュにも使えそうです。

ライドはピンライド(Ping Ride)の20インチです。
Cymbal_5.jpg
リズムトラベラーに合わせて18インチと小口径のライドにしようかとも思ったのですが、個人的にピンライド20インチの音が前から好きだったので、思い切って買いました。
そしたらまぁ、ウエイトがミディアムヘビーと重いので、音がデカい(苦笑)。余韻もメチャクチャ長く、ハイピッチでよく響くので、ちょっとリズムトラベラーには荷が重そうです。でもまぁ、デカいハコでも十分戦力になりそうなので、実戦が楽しみです。

ペダルはメーカーが違うのですが、ヤマハのFP8500Cにしました。
Cymbal_6.jpg
楽器屋の知り合いには「パールの安いやつにすれば?」とごもっともなアドバイスをいただいたのですが、パールの安いやつは見た目が安っぽく、かといってデーモン辺りになるとめっちゃ高いし…で、ヤマハを見てみるとトップモデルでも2万円ちょっと。でもそこまでいらんし、ということで、これに落ち着きました。
実際に来てみると、なんかパールのペダルよりしっかりしてそう(笑)。ドラムにセットして踏んでみると、踏み込みが超軽い!ノイズがまったく出ない!慣れないロングボードなので、ダブルの連打は練習が必要ですが、これなら疲労も少なそうで、慣れればダイナミクスもつけやすそうです。これから練習して、きちんと演奏できるようにしていきたいですね。

ふと横を見ると、ピアノに姿が映っていたので記念写真。
Cymbal_8.jpg
実はパジャマ(爆)。まぁいいか。これからしっかり練習して、いい音を鳴らしてあげたいです。

さて、明日は日曜日。何をしますかね。それでは、またっ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石鎚山に登ってきました [登山]

毎度です…って、1か月以上たってるやん(汗)。ここは気にせずスルーで(大汗)。

てなわけで、1週間ほど前に石鎚山(1,982m)に登ってきました。日本百名山のひとつで、ご存じ西日本の最高峰です。山に登ったのはなんと2年5か月ぶり(!)になります。

ルートは土小屋から楽をしようかと思ったのですが、土小屋まで車では遠いのと、やはり成就社で御参りをしてから行こう、ということになって、いつもの同僚と一緒に石鎚ロープウェーに向かいました。

朝の8時前にロープウェー乗り場近くの駐車場に着くと、なにやらたくさんの車が停まっています。この日はお休みで、しかも秋の紅葉の時期に当たるので集まってきたのでしょう。車のナンバーを見ると県外からもたくさん来ておりました。

準備をしてロープウェーに乗って、8時30分頃から登山を開始しました。以前登った時に熱中症になった反省から、成就社までの登りはゆっくりと、成就社から長い下りになる八丁坂もゆっくりと下って、登りに転じてからもピッチを上げずに、時間をかけて登っていきました。

急坂を息を切らせて登って、試し鎖を登らずに無理せず巻道を回って夜明かし峠まで来ると、石鎚の雄姿が目に飛び込んできました。
Ishizuchi_1.jpg
紅葉の進み具合はいまひとつでしたが、急峻な石鎚北壁も目に入り、俄然テンションアップです(笑)。

そんなこんなで鎖はすべてパスして、標準タイムまぁまぁオーバーの11時半頃、石鎚神社頂上社がある弥山(みせん、1,972m)に到着しました。着いてみると…
Ishizuchi_2.jpg
Ishizuchi_3.jpg
人でいっぱい(驚)。さすが西日本最高峰。人気があります。

なんとか地べたに座って昼食をとってひと息ついて、どうやら体力も残ってそうだということで、久々に天狗岳にチャレンジすることにしました。

天狗岳へのアプローチ口に行ってみると、
Ishizuchi_4.jpg
監視人(写真中央で立ってる人)がいて、登山者に指示を出しています。何かと思って聞いてみると、以前あった安全な巻道が今は通れなくなっていて、北壁上部のナイフリッジ状のルートを行かなければならないので、その監視と交通整理をしているとのこと。

マヂですか(汗)。一瞬やめようかと思ったのですが、せっかくなのでチャレンジしました。

行ってみるとまぁまぁヤバい。ルートから撮った写真ですが、
Ishizuchi_5.jpg
これだけだと大したこと無さそうですが、この写真をよーく見てみると…
Ishizuchi_6.jpg
Ishizuchi_7.jpg
一歩間違えば確実に死ねそうな所です。緊張感を持ちつつ、かつリラックスを心がけながらルートを進んで、お昼の12時に天狗岳(1,982m)に到着しました(写真は割愛します)。

登ったら、次は同じルートを引き返します。行きも帰りもヤバいことに変わりはありません。
Ishizuchi_8.jpg
Ishizuchi_9.jpg
最後の弥山直下はこんな感じ。
Ishizuchi_10.jpg
北アルプスではよく見られる鎖場です。露出感はありませんが、下りは足元が見えにくくて怖さを感じます。下る場合は顔を山側に向けて、足場をしっかり確保したら、鎖や岩をしっかり持って体を離して、足元を確認しながら下りるのが、安全に下るコツです。山側を背に下ったり、必要以上に鎖や岩肌にしがみつくと、かえって危険です。天狗岳に向かわれる方は、リスクをしっかり把握して、無理だと思ったら向かわない方が無難です。行かれる方は十分注意して下さい。

てなわけで、久しぶりの登山は無事に終えたのですが、筋肉痛がヤバすぎ。3日間ほどは椅子から立ち上がるのも大変でした(苦笑)。でもまぁ、やっぱり山登りは楽しいので、雪が降る前にまた行きたいと思っています。さて、どこ行きますかね。

次はドラムの話を書く予定です。シンバルとフットペダル、買ったので。ではっ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

光回線を隼にして、V6プラスに変更したった

毎度です。毎日毎日毎日毎日暑いですな(汗)。お盆過ぎに涼しい日が数日ありましたが、台風が通り過ぎたら元に戻って暑いです。早く秋にならんかな。

てなわけで、今日はインターネット環境についてです。うちのネット回線はNTTの「フレッツ光ネクスト」だったのですが、実は1Gbpsの速さの「隼」じゃなくて、普通の100Mbpsの速さの「ファミリータイプ」でした。

ファミリータイプも隼も基本料金が同じなので変えたかったのですが、工事費用がかかるだろうと思い込んでいて、ずっと変えずにいたのですが、ふと見てみると、局内の工事だけなら2,000円で変えられるって書いてあるじゃないですか(驚)。というわけで、NTTのネット申し込みで隼に変更することにしました。

その光回線を調べている過程で、通信速度が1Gbpsに早くなっても、通信プロトコルがIPv4のままでは速度が上がらず意味がない、ということだったので、プロバイダーに連絡してIPv6に変えられることを確認して、プロバイダー経由でV6プラスに変更することにしました。

てなわけで先日変更が終わったので、さっそくパソコンを立ち上げてみると…あれ?Firefoxで確認してみると、接続がIPv4で行われていると表示されています。あれ…あれ…と散々調べて、HGW(ホームゲートウェイ)やPCの設定を何度確認しても、全く問題ありません。うーん…と袋小路にはまりかけた頃、あるサイトに「Firefoxの設定は正しいですか?」とあるので、確認してみると…

network.dns.disableIPv6 が ture になっていました(涙)。

だいぶ前に、プロバイダー側がネイティブでIPv6に対応していないということで、無用なトラブルを避けるために設定を変更していたようです。ここで設定を false に変更して確認してみると、無事にIPv6で接続することができました!

速度を計ってみると、
s-Speedtest.jpg
下りが500Mbpsを超えています!今までは100Mbpsを超えることは無かったのですが(当たり前)、これで少しは快適にネットができるようになればと思います。まぁ、Youtubeを見るのでも、速度が100Mbpsもあれば十分なのですが、ネイティブなIPv6のメリットはつながりやすさなので、その効果が出ればと思います。

さて、今夜は晴れるかな。昨晩晴れて火星を見てみたら、シンチレーション最悪で、川の中の石を見ているかのような酷さだったので(涙)、少しは落ち着いていればいいなぁ、なんて思います。

毎日暑いので、体調を崩さぬよう、皆さまもご自愛を。ではまたっ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

火星が少しだけよく見えてきました [天文]

お盆に入ってお休みになりましたが、毎日暑いですな(汗)。ここ1週間ほどは朝晩の気温が少しだけ下がって、日中の気温も32~33度くらいと、ほんの少しだけ過ごしやすくはなりましたが…やっぱり暑い。日中は外に出る気がしません。外で作業される方は熱中症に気をつけてくださいね。

というわけで、火星です。6月後半から火星では大規模な砂嵐が発生していたようで、7月の初め頃は火星を見てもただのオレンジ色の円にしか見えなかったのですが(涙)、最接近を過ぎてお盆前くらいになってくると、少しだけ模様が見えるようになってきました。南極冠はまずまず見えて、表面の黒い模様は淡いながらも、よーく見ると見えてきます。北極付近は青色っぽく見えます。

最接近の時に写真を撮ってみました。
Mars0801.jpg
最接近翌日の8月1日深夜に撮ったものです。20cmF6ニュートンによるコンデジコリメート撮影なのでボケボケですが(苦笑)、左上が南極冠で、なんとなく黒い模様と、北極付近の青色っぽい感じはわかると思います。

先日火星を見たら、最接近の時より南極冠はまずまず見えるようになってきました。10cm屈折で見えたので、8cmでも見えそうです。8月いっぱいは視直径が20秒を超えて、土星よりも大きく、今の木星よりも明るく輝いているので、望遠鏡をお持ちの方は見てみてはどうでしょう。次の大接近は2035年になってしまうので…。

話変わって、接眼レンズ、買ったった。
SWA32mm1.jpg
SWA32mm2.jpg
笠井トレーディング扱いのSWA-32mmです。スコープテック扱いのSWA-32mmと同じ物のようです。今まで31.7mmスリーブのPL-32mmを使っていたのですが、見かけ視界が50度しかなく、実視界が1.33度しか得られず、狭いなぁと思っていたので、購入に踏み切りました。
銀次(20cmF6ニュートン)に付けると37.5倍、実視界は1.87度になります。低倍率で広視界、5mm位の瞳径が得られるアイピースとなると、焦点距離は32mm、見かけ視界は70度以上が要求されるので、安価(…笑)なコレを選択しました。最高なのはテレビューのナグラー5 31mmなのですが、8万円を超えて高価なので…(汗)。

実際に見てみると中心部は十分シャープで、目立った収差も見られず、とてもきれいに見えます。レンズ構成は基本エルフレだそうなので、抜けの良さも効いているのでしょう。星々の色合いもキレイです。ただ、良像範囲は中心部から6~7割程度で、周辺像はそれなりに崩れて、ニュートン反射なんで派手にコマ収差が出ます。

でもまぁ、コレが3万円を超えてたら文句のひとつでも言うたろか、と思うけど、1万円ちょっとの商品です。十分合格だと思います(笑)。これから使い倒していこうと思ってます。

今日の夕方はお墓参りに行く予定です。暑いし蚊も多そうなので行きたくないけど、やはり行かないとね。

まだまだ暑いので、皆さまもご自愛を。ではまたっ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。